読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おつまみミュージック

迷ったらこれを買え!洋楽ロックの名盤。 初心者おすすめ入門サイト

【One Of These Nights】 Eagles

 

One of These Nights

One of These Nights

 

 

 

イーグルスが1975年6月に発表した

 

4枚目のアルバム。

 

初めて全米No1ヒットを獲得し、

 

名実共に70年代を代表するバンドとなった

 

記念碑的作品。

 

 

 

 

 

 

 

 

元々はカントリー・ロック志向が強いバンドだったのが

 

ドン・フェルダー(Gt)の加入などにより、

 

前作あたりからロック色を強め、

 

その影響かどうかは定かでは無いが、

 

ヘンリー/フライの名コンビがさらに進化。

 

名楽曲を連発する。

 

 

 

 

 

 

が、

 

ヘンリー/フライの進化は

 

音楽方面だけではなかったらしい。

 

ギターのバーニー・レドンは

 

そんな2人に愛想を尽かし

 

音楽的な方向性の相違もあって

 

アルバムリリース後のツアーには同行したものの、

 

1975年12月に脱退してしまう。

 

 

 

 

 

 

 

結果、これが、

 

後任のジョー・ウォルシュを迎え、

 

よりロック色を強めることで、

 

後の傑作『ホテル・カリフォルニア』に続くのだが、

 

このアルバムが、

 

ファンの間で愛されているのは

 

やはりレドンの姿が見え隠れするところにある。

 

 

 

リード・ボーカルこそヘンリーに奪われているが、

 

レドン作の『Holywood Waltz』は素晴らしき名曲だと思う。

 

 

 

 

ぜひ、あなたのコレクションに入れてほしい。

 

 

 

 

個人的評価(100満点):76点

 

 


Eagles - One of These Nights 1977 Live)

 

 

 


EAGLES LYIN' EYES 1977

 

 

 

グレン・フライの功績に敬意を表して  2016年初旬

 

 

 

広告を非表示にする